所長挨拶

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター
九州シンクロトロン光研究センター
所長 妹尾 与志木

 

 2019年4月1日付けで所長に就任いたしました。当研究センターは佐賀県が地域産業の活性化や新産業の創出を目的として設立した産官学の研究開発拠点で、地方自治体が有する施設としては独特の施設です。本施設の所長職に就くにあたりご挨拶申し上げます。

 シンクロトロン放射光を扱う技術はある意味で日本の「お家芸」であり、現在計画中のものも含めると9施設が国内に存在します。多くは国立の研究機関や大学がその運営に関与していますが、当施設は県庁が主導する県立の施設です。2006年2月の稼働開始以来、実験ホールの増築、県有ビームライン6本の整備、佐賀大学、九州大学、住友電気工業株式会社が専用使用契約を結んでいる他機関ビームラインの整備など、一連のハード面での整備が一通り終わり、現在、地域産業の活性化等の課題に如何に取り組んでいくかを検討する第2ステージに入っております。

 当研究センターの役目の一つは、他のシンクロトロン放射光施設と連携をとりながら実験室レベルの研究設備ではなし得ない高度な研究を支え、科学技術の発展への一翼を担うことです。今一つの役目は、言うまでもなく佐賀県という地方にあってその産業の活性化、あるいは地域そのものの活性化に貢献することです。もっとも大切な点はこれらふたつが独立した役目として並走するのではなく、お互いに有機的なつながりを保ちながら相互に高めあう効果を生むように図っていくことだと考えています。

 2019年度からは、上記の点に鑑みて当研究センターに「産業利用コーディネーター」を置き、役目の実現に向けて運営を行ってまいります。佐賀県には、当研究センターが所属する地域産業支援センターを始め、工業技術センターや窯業技術センター、さらには農林水産関連の試験研究機関が存在しています。また、佐賀大学や九州大学には他機関ビームラインを設置していただき当研究センターの運営に参画していただいております。国の「お家芸」であるシンクロトロン放射光技術と地方産業の振興の2点を有機的に結んで大きな効果を発揮させるという課題は、いまだに類似の前例が多くない困難な難題であると考えていますが、これらの機関の方々のご協力も仰ぎながら進めていく所存です。この課題への挑戦はおそらく今後の所の責任者が確実に引き継いでいかなければならないものと考えます。長い目で見守っていただければ大変幸いです。どうかよろしくお願い申し上げます。

 

2019年4月