• HOME
  • 利用報告・事例
  • 論文
  • 論文発表
  • アモルファス状態を有するシアノ架橋型配位高分子の局所構造解析 -中心金属に依存したゲスト吸着特性の機構解明に成功しました!

アモルファス状態を有するシアノ架橋型配位高分子の局所構造解析 -中心金属に依存したゲスト吸着特性の機構解明に成功しました!

■論文情報■

タイトル:Coordination Geometry Changes in Amorphous Cyanide-Bridged Metal−Organic Frameworks upon Water Adsorption
著者:芳野遼、山神光平、和達大樹、山岸弘奈、瀬戸山寛之、下田さゆり、三島章雄、Benjamin Le Ouay、大谷亮、大場正昭
雑誌:Inorganic Chemistry
公開年月日: 2021年2月16日
https://dx.doi.org/10.1021/acs.inorgchem.0c03742

 

■課題情報■

課題番号:1810095F
実施課題名:硬X線内殻吸収分光を用いたアモルファス多孔性配位高分子の局所構造観測
BL番号:BL11

課題番号:1901141F
実施課題名:ゲスト応答的物性変化を示す多孔性金属錯体の粉末X線回折測定および構造決定
BL番号:BL15

概要についてはこちら(PDF)をご確認ください。

 

■問い合わせ■

国立大学法人 九州大学理学研究院化学部門

大場 正昭 ohba@chem.kyushu-univ.jp

国立大学法人 九州大学大学院理学府化学専攻

日本学術振興会特別研究員

芳野 遼 yoshino@chem.kyushu-univ.jp