ユーザーインタビュー

 今回は、研究センターを長年ご利用いただいている株式会社日立製作所米山様、佐賀県玄海水産振興センター山口様お二人のお話を伺いました。

 米山様 

  位相コントラストX線イメージング法やX線顕微鏡などX線をプローブとする各種計測法の研究と、その応用としてポリマーやリチウム電池を初めとした各種材料や製品の非破壊観察及び評価などを行っています。

 山口様

  佐賀県玄海水産振興センターでは、海洋観測による海況情報の配信、市場の調査結果や漁獲量データの解析による資源評価、水産生物の生態に関する調査や研究、そして有用な魚介類の種苗生産技術の開発を行っています。私の係は、おもに資源評価と水産生物の調査・研究を担当しており、私個人はケンサキイカの資源と生態の研究にたずさわっています。

 米山様

  大強度かつ高エネルギーの放射光に加えて高感度なX線画像検出器など最新の機器も一般の課題で利用できることなど魅力的な点をご紹介頂き、早速に課題を応募いたしました。それ以来、利用させて頂いております。

 山口様

  イカの頭部には「平衡石」という、バランスをとるための小さい炭酸カルシウムの塊があります。平衡石は体成長とともに日々大きくなるため、輪切りにすると木の年輪のような「日輪」がみられ、各日輪の成分組成比はその時の海水温によって変化します。よって、平衡石の中心部から縁辺部までの成分を分析すると、そのイカが経験した海水温を推測することができます。また、日輪を数えると、イカがふ化した日も分かります。したがって、海水温分布図を漁獲日から過去に遡っていけば、そのイカがどのような海域を移動してきたかを推測できます。このような考えをもとに、平衡石に含まれる微量の元素を調べるため、九州シンクロトロン光研究センターを利用しました。

 米山様

  単色、平行、かつ大強度というX線領域のレーザーとも言える非常に優れた特徴を持ったX線で、理想的な条件で各種の評価測定を行うことができました。高い密度分解能を有したCTによる各種材料の詳細な観察に加え、新規計測法の原理的な検証などに大変有用と考えます。

 山口様

  私はシンクロトロン放射光の物理的理論など分かりませんし、スタッフの方は生物由来の試料はほとんど扱ったことがないということでしたので、最初はどのように測定すればよいのかまったく分かりませんでした。それでも3年間試行錯誤を繰り返し、ようやく季節毎に漁獲されるケンサキイカのふ化場所と移動経路を推定することができました。今は、ケンサキイカの外套内にある細長い軟甲の成分をBL07で蛍光X線分析しています。スタッフの方に試料の測定部位が自動的に移動するプログラムを作成していただき、単純な作業から解放されて快適に測定させていただいています。


 米山様

  上記の放射光の特徴を活かした新規計測法の開発に加え、実験室系では実現できない極限計測を様々な分野の材料や製品の評価や非破壊観察などに幅広く適用しています。 

 山口様

  試料としては比較的大きい軟甲の成分を、1mmずつ正確に測定点を変えながら自動的に分析することができます。これは他の測定機器ではできないことです。また、前処理がなく、非破壊で測定できることも大きな魅力です。

 米山様

  加速器の大きな改造を伴いますが、是非トップアップ運転を実現して頂きたく思います。また、無人終夜計測なども検討いただければ幸いです。今後もいろいろと利用させて頂きたく考えております。どうぞ、よろしくお願い致します。

 山口様

  ケンサキイカは日本海や東シナ海だけでなく、南シナ海にも分布しています。私のいまの関心は、このイカが南シナ海から東シナ海へ移動しているかどうかで す。東シナ海では漁獲の圧力が高く、水産資源が急速に減少しています。もし、南シナ海からの移動がなければ、資源はこのまま減少していくに違いありませ ん。そのため、私は2つの海で獲れたケンサキイカを収集して、どちらの海にも生息していたという証拠になるような痕跡を見つけようとしています。具体的に は、2つの海域に特有の微量元素の成分比を体のどこかにさがすことです。シンクロトロン放射光を利用してそれを発見し、ケンサキイカの移動を証明できれ ば、研究者として、また県職員として最高に幸せだとおもいます。

 米山様

  食わず嫌いせず、まずはなんでもやってみる。

 山口様

  今は「ハングリーであれ。愚か者であれ。」というスティーブ・ジョブズの言葉が好きです。

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター 九州シンクロトロン光研究センター
〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘8丁目7番地 TEL:0942-83-5017 FAX:0942-83-5196

(C)SAGA-LS.All Rights Reserved.