編集後記

 

佐賀県立佐賀城本丸歴史館は、佐賀十代藩主鍋島直正公が天保期に再建した佐賀城本丸御殿(1838年完成)の一部を忠実に復元したもので、佐賀城跡に建てられた歴史博物館です。
本丸御殿の復元としては日本初であり、木造復元物としては日本最大規模となる2,500平方メートルの広さを誇ります。
建物周囲には、天守台、城堀、国重要文化財に指定されている鯱の門などの史跡もあり、老若男女問わず、佐賀の歴史を学びながら当時の雰囲気を体感することができます。
春には敷地内の桜も見どころの一つです。

「佐賀城鯱の門及び続櫓」は国の重要文化財に指定されており、屋根の両端に青銅製の鯱が載ることから「鯱の門」と呼ばれています。
明治7年(1874年)の佐賀の役で、建物の一部が被災。鯱の門の扉には現在でも弾痕が残っており、その時の戦闘の激しさを物語っています。

 

開館時間:9時30分〜18時 
休館日:年中無休
(但し、12月29日〜31日は休館)
入館料:無料
(※満足度に応じた募金をお願いしています)
ホームページはこちら

 
 


 

発行日:2014年3月27日
SAGA-LS(SAGA Light Source)Webマガジン編集委員:中川、多良

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター 九州シンクロトロン光研究センター
〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘8丁目7番地 TEL:0942-83-5017 FAX:0942-83-5196

(C)SAGA-LS.All Rights Reserved.