インターンシップを体験して

井上 順太

10月9日から約3ヶ月半、SAGA-LSでインターンシップをさせていただきました。受入れは今年で2年目になるとの事です。本科生のインターンシップは約1週間と短いのですが、専攻科生は最短でも2ヶ月あるため、比較的長い期間就業体験をさせていただくことができます。今回SAGA-LSでインターンシップを受けたいと思った理由は、材料の表面や構造解析などの様々な分野に応用されるシンクロトロン光に対して興味を持ち、深く学びたいと思ったためです。また、先生や先輩から面白い研究施設だと伺っていたのも大きなきっかけとなりました。ここでは、行った業務とその感想を書いていこうと思います。

最初は、年に一度行っている一般公開が開催されたこともあり、その準備が主でした。印刷物の作成などが中心でしたが、最終的には体験教室の打合せに参加してアイデアを出し合ったりしました。当日は多くの方に来場していただき、センターの皆さんと共に一般公開を終えることができたという達成感を得ることができました。

11月は機械をシャットダウンし、機器のメンテナンスや高度化を行う期間となったため、各ビームラインの研究員の方に付き、配線などの業務を手伝いました。装置の役割や原理を一つ一つ丁寧に教えてくださり、とても勉強になりました。驚いたのは、研究員の方が自作したプログラムで実験ホール内の装置を動かしていたことです。どの研究員の方も、ビームラインを構成する装置について深く理解していることが分かりました。

12月には機械の運転を再開したため、産学官のユーザー利用支援や実験の見学をさせていただきました。ユーザーの方とお話をする機会も多く、研究背景なども伺うことができました。また、12月末や1月には、自分が卒業研究で使用した試料を用いて、実際に実験をさせていただきました。今回行ったのはXRDと呼ばれる実験であり、試料にX線を照射することで、材料の結晶構造やどんな元素から構成されているのかなどの情報を得ることができます。学校の装置より簡便で精度もよく、スムーズに実験を行うことができました。

全体的な感想としては、研究員の方だけでなく、事務の方やユーザーの方も含めて皆さん親切だったため、とても働きやすい職場だなという印象を受けたと同時に、非常に丁寧な利用支援を行っており、自分が施設を利用する立場になった時に実験しやすい環境が整っていると感じました。今後は、各ビームラインでどのような実験ができて、どのような結果を得ることができるのかという事例を分かりやすくまとめたら、これから初めて実験される方もイメージしやすくなり、利用者が増えるのではないかと思います。

3ヶ月半に渡る実習で、多くの業務に携わることで貴重な体験をすることができました。春からは県外に就職するので、このインターンシップで得た経験を十分に生かしていけたらと思います。短い期間でしたが、本当にありがとうございました。

 

 

 

松尾 ともみ

私は、10月から1月末まで、九州シンクロトロン光研究センターでインターンシップ研修をさせていただきました。こちらの研究センターをインターンシップ先に選んだ理由は、普段学校では経験できない先端科学技術に直接触れることで、シンクロトロン光の分野を学びたいと思ったからです。シンクロトロン光に興味を持ったきっかけは、私は、卒業研究でX線回折装置を用いて実験を行っていて、実験室レベルのX線回折装置よりも、詳細な物質の解析結果を示してくれるシンクロトロン光の存在を知り、そこからシンクロトロン光とはどのようなものなのか興味を持ち始めました。

はじめの研修として主に、昨年の10月20日に行われた一般公開の準備をさせていただきました。研究センターの方々の指導の下、スムーズに体験教室の準備をすることが出来ました。体験教室の準備ではポスター作りや実験用具の作成などを行いました。学校で行っている公開実験とは少し違う雰囲気で、自分も楽しむことができ、私もいい体験ができました。

他の研修内容として、1日ごとに実験ホール内の各ビームラインの説明を受けました。それぞれのビームラインで、実際に実験装置を見て、どのような仕組みでどのような実験ができるかなど、研究員の方から分かりやすく説明していただき、ビームラインの知識を深めることができました。自分が思っていた以上に研究センターの実験を行う環境が整っており、実験装置がとても精密なことに驚きました。11月のシャットダウン中のメンテナンスで、普段見ることのできない真空ポンプの中や配線や配管の仕組みなどを見学しました。真空装置は実験室に身近にあるものですが、真空ポンプの構造や種類を今まで学ぶ機会がなかったので、とても勉強になりました。また、研究員の方のユーザーの方への対応の見学や、お手伝いをさせていただき、ユーザーの方から将来へのアドバイスなど貴重な話を聞くことができました。そして、自分の卒業研究に関する実験を研究センターでさせていただくことができ、研究を進めていくのに活用したいと思っています。

九州シンクロトロン光研究センターは、地域の大学や佐賀県内企業の方の利用がしやすいといった特徴や、多くの人が見学に来ることから、とても地域に密着している研究施設という印象を受けました。また、県外からのユーザーの方も多いことから、日本国内でみても利用しやすいことが分かりました。

インターンシップをとおして、働くとはどういうものかを身近に感じることができました。そして近い将来、自分が就職するにあたって、今やるべき課題が多いことに気付かされました。3ヵ月半という短い間でしたが、研究センターの皆様には大変お世話になり、とても感謝しております。本当にありがとうございました。
 

 

 

  

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター 九州シンクロトロン光研究センター
〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘8丁目7番地 TEL:0942-83-5017 FAX:0942-83-5196

(C)SAGA-LS.All Rights Reserved.