業務報告

2010年度も九州シンクロトロン光研究センターでは様々なイベントを開催しました。簡単ではありますが、ここでまとめて紹介いたします。


本シンポジウムは、文部科学省「先端研究施設共用イノベーション創出事業」として実施している「九州地区ナノテクノロジー拠点ネットワーク」事業の一環として、北九州産業学術推進機構と九州シンクロトロン光研究センターが合同で企画したものです。両機関の活動の概況をお知らせするとともに、招待講演、特別講演、一般講演をとおして、放射光および半導体製造プロセスの利用による微細領域のものづくりの一端をご紹介しました。




本スクールは、大学院生および企業や公設試験研究機関の若手研究者の皆様に、放射光利用の実際を体験していただくことを目的として毎年開催しています。2010年度は12名の参加者に、放射光の基礎から応用にいたる内容の講義と、XAFS、XPS、X線回折、X線トポグラフィ、およびPEEM(光電子顕微鏡)等に関する実習を受講していただきました。




一般公開は毎年開催していますが、今回初めてビームラインや蓄積リング室などをまわる見学ツアーを企画しました。その他、カメラや望遠鏡を作る体験教室、宇宙線の観察や電磁石の実験、企業展示などを行いました。




公益財団法人佐賀県地域産業支援センター 九州シンクロトロン光研究センター
〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘8丁目7番地 TEL:0942-83-5017 FAX:0942-83-5196

(C)SAGA-LS.All Rights Reserved.