スタッフから


       九州シンクロトロン光研究センター(SAGA-LS) 石地 耕太朗


21世紀に入り、中央省庁再編成で環境庁が環境省に昇格しました。地球規模の環境破壊が無視できないほど重要事項となったためで、環境への関心の高さを表しています。政府も補
助金によって環境問題に取り組む姿勢で、放射光分野でも環境に関するテーマが目立ってきまように感じます。たとえば、廃棄物に含まれる微量有害物質の放射光分析の研究があるそ
うですが、結果は安全な処理技術の開発へと反映されます。このように、放射光を利用した分析技術は大変意義あるものです。

その他、エネルギーや生命科学に関する放射光研究テーマも最近多くなっています。言うまでもなく、これらも関心の高い分野ですが、少し前まで放射光と関わりが薄かったせいか、初めて利用する方も少なくありません。日本は放射光施設が多いのですが、それでも放射光利用はまだまだ社会に浸透していないと感じます。環境、エネルギー、生命科学のような重要テーマのサポートができることは我々施設職員にとっても喜ばしいことですので、初心者の方・不慣れな方は遠慮せずに相談していただきたいと思います。また、当センターでは秋に一般公開をしていますので、放射光をご存じない方はぜひご来場ください。今後も放射光研究がますます盛んになることを願っています。

最後に私事ですが、最近菜園を始めました。日々の成長を観察し、生命の力強さを感じます。どういう仕組みで育つのだろう、放射光分析をしたらどんな情報が得られるだろう、などと思ってしまいます。こういった素朴な疑問が未来に繋がる研究に発展するのかもしれません。

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター 九州シンクロトロン光研究センター
〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘8丁目7番地 TEL:0942-83-5017 FAX:0942-83-5196

(C)SAGA-LS.All Rights Reserved.